【2019年】TOEICの結果発表の日程はいつ?1週間早くスコアを確認する方法

「2019年のTOEICの結果発表日を知りたい」

という方のために、今回はTOEICのスコアがいつ確認できるかについてまとめました。

そして実はスコアを本来の日程より早く確認できる方法があります。
それも一緒に解説していきます。

スコアのことを気にしてばかりだと、何事も手がつけられなくなります。

これを読んでスコアがわかるまでの不安を解消しましょう!

【2019年】TOEICの結果発表日程

TOEICの結果発表の日程は以下の通りです。

試験実施日 結果発送予定日
2019年4月14日(日) 2019年5月14日(火)
2019年5月26日(日) 2019年6月25日(火)
2019年6月23日(日) 2019年7月23日(火)
2019年7月28日(日) 2019年8月27日(火)
2019年9月29日(日) 2019年10月29日(火)
2019年10月27日(日) 2019年11月26日(火)
2019年11月24日(日) 2019年12月24日(火)
2019年12月15日(日) 2020年1月14日(火)

 

試験実施日から約1ヶ月後にテスト結果がOfficial Score Certificate(公式認定証)と一緒に届きます。

公式認定証はTOEICのスコアを証明できる大切な書類です。これがないとTOEICのスコアが証明できなくなりますので、無くさないように大事に保管しましょう。

TOEICの結果が1週間早くわかる方法

インターネットでの申し込み時に「テスト結果インターネット表示」を「利用する」にチェックすると結果発表日より1週間ほど早くインターネットでスコアが確認できます。

時間帯は昼の12時ごろに発表されることが多いく、結果発表日が祝日や日曜日の場合は少し遅くなるようです。

これはインターネットで申し込みした時のみ利用できます。
コンビニでの申し込みでは利用できないので注意してください。

しかし、スコアが確認できるといってもこの時点ではリーディングとリスニングのざっくりとしたスコアしか確認できません。
スコアはあくまで仮のものと思っておいて、詳しいスコアは正式に発表されるまで待ちましょう。

TOEIC結果発表日を確認できる便利アプリ

結果発表日をプッシュ通知で教えてくれる「TOEIC presents English Upgrader」というスマホアプリがあります。

このアプリはTOEIC公式アプリなので安心して利用できます。プッシュ通知だけでなく、TOEICの問題集も収録されているので、暇な時間を使って勉強もできます。

これだけの機能があって無料なのでぜひダウンロードしてみてください。

TOEIC presents English Upgrader

TOEIC presents English Upgrader

The Institute for International Business Communication無料posted withアプリーチ

TOEICの結果を確認するときの注意

TOEICの結果を確認するときは下記に注意してください。

  • 1週間早く確認できるかのはインターネットで申し込みした方のみ
  • 公式認定証の再発行の期限は2年
  • インターネットで結果を見るとき結果発表日が祝日、日曜日だと届くのが少し遅れる
  • 就活などで活用したいなら正式な結果発表日まで待つ

1週間早く確認できるかのはインターネットで申し込みした方のみ

インターネットで結果をいち早く確認するには、インターネットで申し込みをするときに「テスト結果インターネット表示」を「利用する」にチェックしないと確認できません。

コンビニで申し込んだ際は利用できないので注意してください。

公式認定証の再発行の期限は2年

公式認定証がなければ就活のとき企業に英語力をアピールできません。

TOEICのスコア自体は有効期限が切れることはありませんが、公式認定証の再発行は試験日から2年を過ぎるとできなくなります。

せっかく高スコアを取ったのにそれを証明できるものがなければ意味がありません。

公式認定証は無くさないよう大事に保管しましょう。

インターネットで結果を見るとき結果発表日が祝日、日曜だと届くのが少し遅れる

インターネットでの結果発表は通常平日にされます。

しかしインターネットでの結果発表日が祝日、日曜日だった場合、結果発表はその次の日になります。

たとえば結果発表日が10月14日で祝日の場合、インターネットで結果が発表されるのはその次の日の10月15日です。

就活などで活用したいなら正式な結果発表日まで待つ

TOEICの結果はインターネットで通常より早くみることができます。

しかし、あくまで結果を早く確認できるだけで就活で活用するなら公式認定証が必要です。

公式認定証は正式発表日に届きますので、それまで待ちましょう。

次回のTOEICに向けて

今回は結果の日程と結果をいち早く確認する方法を解説しました。

結果を待つ時間は不安でいっぱいになります。しかしその時間を無駄に過ごしてはいけません。

次回に向けて良い点を取るための勉強をしましょう。

良い結果は何度もチャレンジする事で出すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です