アレックス・ゴンザレス

アレックスは2005年にダニエル・セブリアン監督作‘The Good Boy’で映画界に加わった。彼はゴヤ賞で新進俳優賞にノミネートされ、トゥリア賞で最優秀男優賞を受賞している。 彼はまた次のような作品に参加している。ホセ・ルイス・ガルシ監督作‘Sunday Light’、マギー・ぺレン監督作‘The Color of the Oceans’、サンティアゴ・サノウ監督作『スコーピオン反逆のボクサー』(2013)、 ダニエル・カルパルソロ監督作『ワイルド・ルーザー』(2013)。彼のハリウッド進出作はマシュー・ヴォーン監督作『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011)である。
アレックスの俳優としてのキャリアはテレビから始まり、その長いキャリアは今日まで延々と続いている(‘Motivos Personales’ ‘LEX’ `Tierra de Lobos’ `El Principe’)