アンドレス・パラ

アンドレス・パラは舞台の出身だが、舞台・映画・テレビの各分野で傑出している。 彼はフランシスコ・ノルデン監督作‘El Trato’でデビューすると、マイク・ニューエル監督作『コレラの時代の愛』(2007)トム・シュレイバー監督作`Dr. Aleman‘、 カルロス・モレノ監督作‘Dog Eat Dog’、ルイス・アルベルト・レストレポ監督作‘La Passion de Gabriel’、フアン・フェリペ・カノ監督作`La Semilla del Silencio‘に出演した。

彼の主演した‘La Passion de Gabriel’は各地で称賛を集め、グアダラハラ国際映画祭でMayahuel de Palata賞(特別賞)、ボゴタ映画祭でMACONDO男優賞、Golden Bogocine賞を受賞している。

テレビにおいても彼は知名度が高く、TVシリーズ『Escobar: el Patron del Mal』におけるインディア・カルタヘナ時代のパブロ・エスコバール役が有名である。