オンライン英会話レッスンに準備すべき必須アイテム+使えるフレーズ【初心者向け】

「オンライン英会話をやるときに何を用意していいのかわからない!」

「どのオンライン英会話にするかは決まったけど、いざ始めるとなるとなんだか不安になってきた……」

 

そう不安になっている人のためにオンライン英会話を始める前に準備しておくものや便利なフレーズをリストアップしました。

準備するものを紹介していきますので、これを読めば準備するものがわかり、すぐにオンライン英会話をはじめることができます。

オンライン英会話受講時の必須アイテム

オンライン英会話を行う前に必要な機器などを確認していきましょう。

英語の習熟度に関係なく、オンライン英会話をやる上で必ず必要となるものです。

  • ウェブカメラ
  • ヘッドセット
  • Skype(無料ソフト)

道具をケチると、英会話の上達に差がでてきます。

ウェブカメラとヘッドセット合わせても数千円ですので、初期投資しましょう。

ウェブカメラ

オンライン英会話で必ず必要になるのが、ウェブカメラです。

理由は2つあります。

1つ目の利点は、ビデオ通話なら相手の表情がわかるということです。

相手が楽しんでいるのか怒っているのかなどがわからないとやはり不安になってきます。相手のことを知るのは音声だけが頼りなので会話のハードルが上がってしまいます。

また、講師の方もこちらの様子を見て何がわからないのか何を感じているのかを察して、ゆっくり話してくれたり言い換えたりしてくれるのでビデオ通話の方がおすすめ!

 

2つ目の利点は、こちらの口の動きを見てもらえることです。

講師の方は発音についてのアドバイスをするときは口の動きを見て「その口の形じゃない!」「もっと口を開けて!」と直してくれます。

音声通話だけでレッスンをしたときには「口の形がわからないから、発音についてのアドバイスをすることができない」と言われたことがあったので、発音についてのアドバイスが欲しい人は絶対にビデオ通話にしてくださいね!

 

Macは、内側カメラがついているのでウェブカメラは不要ですが、WIndowsの場合は内側カメラがない場合が多いので準備しておきましょう。

ヘッドセット

ヘッドセットはオンライン英会話をする際に必須アイテムとなります。

ヘッドセットとは、音声を聞くためのヘッドフォンやイヤホンと、自分の声を相手に届けるためのマイクが一つになったものです。

「マイクはパソコンに内蔵しているから用意しなくても良いか」と思ってしまうとおもいます。しかし、パソコンに内蔵しているマイクだと雑音が入りやすく円滑なコミュニケーションの妨げとなってしまいます。

音質が悪いと講師の方も発音に関してのアドバイスがやりにくいため必ず用意してくださいね。

 

ヘッドセットを選ぶ時の注意点は両耳のものを選ぶということです。

片耳だとどうしても英語が聞き取りにくくなってしまうため、リスニングが不安という方は両耳の物を購入してください。

Skype(ソフトと設定)

スカイプとは無料で電話やテレビ電話などといったことができる無料のソフトウェアで、スカイプ同士なら無料で何十時間でも利用することが可能です。

ネイティブキャンプやレアジョブ英会話など一部ではオリジナルのアプリを利用するためSkypeが不要な場合もありますが、DMM英会話やベストティーチャーなど多くのオンライン英会話ではSkypeを利用して通話を行います。

 

直前にやろうとして上手くいかなくて焦るということのないようにSkypeのインストールや初期設定などは事前に準備しておきましょう。

 

» Skypeをダウンロード(Win&Mac対応)

オンライン英会話の受講時にあると便利な物

オンライン英会話をやっていたときにあってよかったなと思ったものを紹介していきます。

電子辞書(音声付き)

まず、1つ目は電子辞書です。音声付き電子辞書だと発音も聞けるので、電子辞書でも音声付きがおすすめです。

 

わからない単語があったときに調べることができるので語彙量が不安であるならば、用意しておくと安心です。

オンライン英会話を始める前の漠然としたイメージでは、指定された教材以外は何も見ないで受け答えをしなきゃいけないと勝手に思っていましたが全然そんなことはありませんでした(笑)

 

「この言葉を言いたいけど英語がわからない!」

「今、言っていた単語ってどういう意味~!」

な~んてときに大活躍でした!

最初の内は、インプットしてある単語が少なかったり、とっさには思い出せなかったりすると思うので電子辞書があると安心します。

メモ・ノート類

ノート類はわからなかった単語や教わったことを書いていました。学習内容や気が付いたことなどをメモしておくと復習をしやすくなります。

他の用途としては(スピーキング向上という目的のためには良くないと思いますが)カンペとかにもたまに使用していました。

 

「言いたい英文はあるんだけど発音がわからない!」とか「発音が下手すぎて伝わらない!涙」といったときに、ノートに書いて講師の方に伝えていました。カンペで書いた内容を講師の方が言ってくれて、それを聞いて自分も発声してみるといった感じです。

 

オンライン英会話に役立つ、覚えておきたいフレーズ

よく使うようなフレーズはあらかじめ覚えておくと、いざというときにサッと使えて焦らなくて済みます。

挨拶や自己紹介などは固定の講師に教えてもらうようなシステムのオンライン英会話でない限り、毎回必要になるのでマスターしちゃいましょう!

挨拶

挨拶は最初のやりとりですので、確実に覚えましょう。

 

●Hello, how are you? (こんにちは、お元気ですか?)

●Fine, thank you, and you? (元気です。ありがとう。あなたはどうですか?)

●Fine. (元気ですよ)

●It’s nice to talk to you.(あなたとお話しできて光栄です)

自己紹介

●I am+名前(私は・・・です)

●You can call me ~.(~と呼んでください)

●I am a ・・・student(私は・・・生(学生)です)

●I am a+職種(私は・・・として働いています)

●I like+好きなスポーツなど(私は・・・が好きです)

●My hobby is to+行動など(私の趣味は・・・です)

 

自分をこう(ニックネームなど)で呼んでほしいと先に言っておくと名前を呼びあったりしやすくなるためおすすめですよ!

フリートークの場合、自己紹介の際に趣味や年齢、職業なども一緒に言っておくと話が弾みやすくなります。

質問・お願いに使えるフレーズ

●Could you speak a bit more slowly?(もう少し、ゆっくり話していただけますか?)

●Could you say that again?(もう一度言ってもらえますか?)

●Sorry, I’m not sure of some of the words you’re saying.(すみません、分からない単語がいくつかありました。)

●What does xxxx mean?(xxxxの意味は何ですか?)

●What do you mean by that?(それはどういう意味ですか?)

●How do you spell it?(スペリングを教えてください)

 

質問やお願いの練習はできるだけしましょう。

日常英会話は質問やお願いが基本となります。

質問ができないと会話が成り立ちませんので、質問形は繰り返し練習しましょう!

レッスンの終わりに使えるお礼のフレーズ

●It was nice talking to you.(お話しできて良かったです。)

●Thanks, I learned a lot today.(ありがとう、今日はたくさん学びました。)

まとめ

今回はオンライン英会話を始める前に手元に用意しておいてほしいものやとっさに使えるフレーズについて紹介していきました。

 

「英語の勉強できないし、オンライン英会話始める前に勉強してからの方が良いんじゃないか……?」と不安になるかもしれません。もちろん、できないよりはできた方が良いに決まっているでしょう。

しかし、相手の先生も話せないのがわかっているから気負わなくても大丈夫。

求められているのは英語力ではなく、話そうという・授業を真面目に受けようという意識です!

講師の方もこちらの表情を見ればやる気があるのかないのかわかります。英語が苦手でも話したいという熱意があれば講師の方もそれに応えてくれました。

 

やってみなければ自分に何が足りないのか、どこを改善すれば良いのかはわかりません。百聞は一見に如かず!まずはオンライン英会話を始めてみてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です