大学生での短期留学のメリットは?→過ごし方次第でデメリットにもなる

「短期留学に行ったら語学力が上がるって本当かな?」

「短期間だからメリットよりもデメリットのほうが多いんじゃない?」

なんて、短期留学について疑問を持つ方っていますよね。
モヤモヤする短期留学への悩みはこの記事で解消しましょう。

 

実は、大学生での短期留学は過ごし方次第でメリットにもデメリットにもなります

1ヶ月ほどの短期留学は留学期間が短いので、時間を有効的に使えばメリットにもなりますし、怠けて過ごせばデメリットを感じる留学になってしまうのです。

 

過ごし方次第でメリットになるのであれば、メリットが得られるような過ごし方をすればいいと思いますよね。

 

メリットが得られる過ごし方で、留学1ヶ月前よりは英語が聞けるようになったとか、恥ずかしくて話しかけられなかったのが少しは英語を話してみようと店員さんに声をかけられたとか、少しでも変化が見えたら立派なメリットですものね。

 

今回は、せっかくの1ヶ月の短期留学をメリットにもデメリットにもしてしまう「留学中の過ごし方」をご紹介します。

大学生の短期留学はメリットとデメリットが紙一重

1ヶ月間の短期留学は、過ごし方次第で「充実したメリットだらけの留学」にも「ガッカリ感あるデメリットだらけの留学」にもなります。

理由は、短期留学の期間の短さにあります。

短期留学は主に、1週間~3ヶ月の留学をいいます。
一方、中期留学では3ヶ月~1年、長期留学では半年~1年の長さがあります。

短期留学は圧倒的に留学期間が短く、そして留学が終わるのも早いです。

なので、

  • 留学中の過ごし方次第で短期間でたくさんのメリットを感じて満足できる
  • 反対にあまりに多いデメリットの数に涙を流す

といった感覚を味わいやすいのが特徴です。

 

では、大学生が短期留学でメリットを得られるように過ごすにはどうしたらいいのでしょうか。

大学生が短期留学でメリットを得る3つのポイント

ポイント

  1. メリットを見据えた計画力
  2. メリットを得るための実行力
  3. メリットをさらに得るための分析力

メリットを見据えた計画を事前に準備する

短期留学では、自分が手に入れたい「メリット」を目標として、留学前に計画しておくのがおすすめです。

自分が手に入れたい「メリット」が明確であれば、メリットを得るための準備ができるからです。

例えば、短期留学の1ヶ月でも英語力が高められるのがメリットだと考えたとします。

しかし、「短期留学中に英語力を高めたい」と考えるのと具体的に「留学先でショップ店員さんと片言でも話ができるようになる」、「ホームステイの家族に学校での様子を話せるようになる」とまで考えるのでは、得られるメリットに大きな違いがでてきてしまいます。

なので、自分がメリットとして英語力を高めるのを望むのであれば、まずは1ヶ月後までに自分がどのように英語を使えるようになりたいのかを考えてみましょう。

メリットを得るために計画は早めに実行する

短期留学では、考えた計画をすぐに実行してみましょう

留学中は1歩部屋から出れば、日本とは異なる環境なので、計画をすぐに試せる環境として活用できます。

例えば、英語を勉強すると共に異文化交流ができるのが短期留学のメリットだと考えたとします。

1ヶ月の短期留学をホームステイで過ごす場合は、「Good mornig」とステイ先の家族にあいさつするだけですぐに異文化交流ができてしまいます。

しかし、ただ「Good morning」だけというのは味気ないですから、休日の朝に日本食を朝食に準備してみたり、お世話になった地域ではどのような朝ご飯を食べるのが一般的なのか話しをしたり一緒に作ってみたりするといいですね。

メリットをより得るための計画と実行の結果を分析する

短期留学では、実行に移した結果と計画を分析するのもおすすめです。

計画と結果を3日ごとに確認すれば、メリットが得られる自分に近づける、メリット以上にスキルや経験を得られるようになるからです。

例えば、ノートやパソコンに英語で計画や結果を書いたり入力したりして見直す、ステイ先の家族に料理の感想を聞く時間を持てば、見直しや感想を聞く時間が分析となり英語力を高めるきっかけになります。

大学生の短期留学をデメリットだらけにする注意点

注意点

  1. デメリットを生む無計画さ
  2. デメリットを招く無知な行動
  3. デメリットを重症化させる他人との比較

メリット台無し:デメリットを生む無計画さ

短期留学では、無計画で日々を過ごせば得られるメリットも台無しです。

短期留学は、中・長期の留学よりも短いため、毎日をボーっと過ごせばすぐに留学期間が終わってしまいます。

とはいえ、短期留学中でもボーっとした時間を過ごしたいと感じることもありますよね。
何も考えたくない日、ボーっとした日もまた息抜きとして必要な場合もあります。

なので、ボーっとしたい日を過ごしたいなら、「1週間の中で水曜日の午後からはボーっと過ごそうかな」とか「1日の中で夕食後は何も考えない日にしよう」とあらかじめ決めておくといいですね。

メリット台無し:デメリットを招く無知な行動

短期留学では、無知な行動のために得られるメリットを台無しにする場合があります。

特に海外の場合、日本と同じ感覚で街に出る、お店で食事をしているだけでひったくりやトラブルに遭う危険があるからです。

海外で得るはずだった楽しい異文化交流が悲しい経験にならないように、留学前には事前に治安情報を確認したり財布やスマートフォンといった貴重品は鞄の同じポケットに入れて持ち歩かないといった対策をするといいですね。

メリット台無し:デメリットを重症化させる他人との比較

短期留学では、他人と比較してばかりいては得られるメリットも台無しです。

特に英語ができないと感じる学生さんは、同じクラスの日本人学生さんとの英語のレベルを比較しやすく、自分はできないと落ち込みやすくなります。

他人との比較による分析ではなく、自分がいまどのくらいの英語レベルなのかを分析すれば、他人と比較しにくくなります

自分のレベルを知れば、あとは英語ができるようになる方法を探す、実践する時間に夢中になれるので、デメリットをメリットにも変えられますね。

デメリットをメリットに変えた少女との出会い【私の体験談】

イギリスでの留学中、私は「このままでは英語が話せない」と頭を悩ませた時期がありました。

私は、日本人によく見られる※「英語も文章なら読めるけれど、リスニングが全くできない」人だったからです。

どうすればいいのかと考えながら、オックスフォード駅から地下鉄に乗り込み、気がつけば1時間半でたどり着くロンドン・アイ(サウスバンクエリアにある大観覧車)が見える場所まで来ていました。

何をするでもなく、ただボーっと芝生の上で足を投げ出して座っていた時でした。

1人の黄色のワンピースを着た金髪の少女が近づいてきたのです。
小学生くらいだったでしょうか。

少女は少し私から離れたところに座り、持っていたノートを広げて、緑のクレヨンで何か文字を書き始めました。

私はただ、少女が何かを書き終わるまで待ちました。
しばらくすると書き終わったのか、少女は少し頬を赤らめながら、広げたノートの文字を指で指し始めたのです。

たったの5文字、ですが力いっぱい書いたであろう緑色の大きな「HELLO」の文字が私の目に飛び込んできました。

私は彼女の指に合わせて「HELLO」と口にすると、少女はたちまちりんごのように頬を真っ赤にさせたのです。

 

※参考:TOEIC900点でも日本人が「話せない」理由

少女が教えてくれた前向きに捉える気持ち

少女と過ごした時間は留学中のほんの一瞬でしかありません。

しかし、少女と過ごした時間のおかげで、私は留学での「英語力や異文化交流」に対して前向きに考えられるようになっていました。

少女が何を書いているのだろうというワクワクした、とても温かな時間は、留学をデメリットだけで終わるかもしれないと絶望的だった私の考えを改めさせてくれたように思います。

まとめ:大学生の短期留学はメリットにもデメリットにもなる

大学生での短期留学は過ごし方次第でメリットにもデメリットにもなりました

短期留学をメリットだらけにするためには、計画・実行・分析の3つが必要で、反対に台無しにするデメリットでは無計画さ・無知による行動・他人との比較を意識するのがおすすめでした。

たったの1ヶ月ですが、大学生のうちに取れる貴重な時間です。
留学後、「行かなきゃよかった、何も得るものがなかった」と嘆かないためにも、理想とする短期留学の計画を考えてみましょう。

おまけ:短期留学のメリット&デメリットを知ろう

以下の動画では、短期留学を経験した方が感じたメリットとデメリットが知れます。

短期留学を経験した人のリアルな声ですし、無料動画ならクリック一つで短期留学の意見が知れるのでおすすめです。

※動画では、「4ヶ月の短期留学をしました~」と紹介されています。
当記事では3ヶ月と記載しましたが、1週間~3、4か月を短期留学と考える方もいらっしゃるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です