子供の英会話はいつからはじめる?早期学習で失敗しないため方法と注意点を解説

子供の習い事で人気の英会話。小学校での英語の必修化をうけて、ますますその人気が高まっています。

わが子にはぜひ、格好良く英語を話せるようになってほしい…子供を持つ親ならきっとそう思いますよね!

でも、日本語もまだ満足に話せない子供に英会話をならわせるのって、本当に効果的なんでしょうか?

また、英会話スクールなどに通えば、けっこうなお金がかかりそうなのも心配ですよね。

この記事では、そんなお悩みにこたえつつ、お子さんにぴったりの英会話のはじめかたを紹介していきます。

子供の英会話、いつから始めれば英語を話せるようになるの?

子供にいつから英語を学習させれば効果が高いのでしょうか?

結論的には、早期学習が英語力アップに繋がります

詳しくみていきましょう。

きれいな英語を話すには、早期の英語教育が大事!

自分の子には英語ができるようになってほしい…そう思うなら、ぜひ今すぐ英会話の勉強を始めましょう!実は、子供が小さければ小さいほど、英会話の勉強を始めるにはお得なんです。

とは言っても、日本語もまだ話せない赤ちゃんに英会話なんて…と思ってしまいますよね。

でも、その日本語を話せないというところが、英会話を早く始める上での利点なんです。

 

あなたは、学生時代に英語で一番苦労したことってなんですか?

そう、日本人の天敵!LとRの発音ですよね。私も外国の方と会話をするときに、realという単語がどうしても伝わらなくて、もどかしい思いをしたことがあります。

でも、日本語の発音がまだ固定化されていない赤ちゃんは、逆にどんな音も聞き分けることができ、それを正しい発音へとつなげることができるんです。
これが、俗にいう”英語耳”というものです。

ただ残念なことに、赤ちゃんが日本語を自分のことばとして習得するにつれ、この英語耳も失われてしまいます。だからこそ、子供の英語教育は早く始める方がお得なのです。

早期の英語教育は、受験勉強にもつながる

この記事を読まれている方には、中高の受験期に英語で本当に苦労された方も多いのではないでしょうか。

分厚い単語帳に辞書、意味のわからない文法書…いちから言葉を覚えるというのは本当に大変です。

でも、こどものときから英会話をならっていれば、その最初の大変なステップをすでにこえた状態で受験勉強を始めることができるのです!

そして、早くから英語に親しんでいる子は英語の勉強を辛いと思わず、むしろ楽しみながらマスターしていけるのです。

受験での英語の重要性がますます大きくなる中で、これはとても大きなメリットではないでしょうか。

子供の英会話、どうやって始めればいいの?

子供に英会話を習わせたい!と思ったときに苦労するのがその始め方。

ひとことに英会話といっても、スクールに通うのか、自宅で教材を使うのか、今はオンライン教室などもあり、その内容はさまざま。

うちの子にはどんな始め方がいいの?とお悩みのかたに、ここでは、お子さんにあった英会話の始め方を紹介していきます。

赤ちゃんのうちは、うた絵本やCDで英語に親しもう!

まだ日本語も話せない赤ちゃんのうちは、英語にたくさん触れる機会を家で作ることが大切です。

赤ちゃんはうたが大好きですから、おもちゃのひとつとして、うたの流れる絵本を一つ持っておくだけでも、英語に興味をもつ大きなきっかけになりますよ。

ちなみに、筆者の娘はこちらの本が大のお気に入りで、車の中でもよく聞いていました。

【絵本】いっしょにうたおう! にほんごとえいご だいすきおうた

歌やダンスが大好きな2歳くらいからは、動画やDVDも取り入れて!

2歳くらいから子供は爆発的に言葉が増え、おしゃべりも上手になっていきますよね。

このころから英語教育をしていると、日本語と同じように英語もまたどんどん単語を覚えていきます。

ただし、興味がないものには一切振り向かない難しい時期でもあるので、この時期はぜひ体を動かして楽しく勉強するのがおすすめ!

この時期におすすめの歌はやはり定番のこれ。2歳さんには少し難しいくらいなのが良いのか、何度も何度も繰り返し歌ってくれるはずですよ。

また、車でDVDを再生できる方にはこちらがおすすめ。激しいダンスはあまりないけれど、こちらも子供の大好きな手遊びがたくさん収録されているので、飽きずに観られます。

DVD】うたって おどって English英語がもっとスキになる!

3歳くらいからは英会話スクールもおすすめ

ある程度日本語の習得も進んだ3歳児からは、英会話スクールに通うことを検討してみるのもおすすめです。

ただし、英会話に限らず、習い事は何よりも本人の意思が大切。本人がやる気がなければどんないいスクールに通っても効果は得られません。

今はまだ英語に興味がないみたい…という方は、上のようなDVDや動画で、お子さんと楽しく英語で遊ぶことから始めてみましょう。

英語って楽しい!と思ってもらえれば、こちらのものです。

本人に十分やる気があってスクールを検討する場合には、その選び方も難しいところですよね。下では、その点も解説していきます。

子供の英会話スクールはどう選ぶ?

英会話スクールは2つを確認しておきましょう。

  • スクール選びは何よりも子供の相性
  • 親の視点(物理的な距離、時間帯、金銭面など)

スクール選びは何よりも子供との相性!

あなたは英会話スクールを選ぶとき、どんな点を重視しますか?

やはりきれいな英語を話せるようになってほしいから、ネイティブの先生がいるところでしょうか?それとも、ちょっと高額でもマンツー指導のところ?

実は、上記の点は、子供のスクール選びでは必ずしも一番重要な点ではありません。

では、スクール選びで一番大事なことは何でしょうか?

それは、何よりも子供が楽しく続けられるかどうかです。

 

まだ小さいこどもには、アルファベットを書くなどの内容は少しハードルが高いもの。それよりも英語を使って楽しめる内容になっているかどうかをチェックしましょう。

また、このころの子供集中力はもって10分程度。

同じカリキュラムをだらだらやるよりも、一回のレッスンのなかでいろいろな事をどんどんやっていく方が子供も楽しめるでしょう。

また、オンラインで友達を楽しく学べるグループレッスンもあります。マンツーマンよりグループで英語を楽しく学ぶことができますよ。

 

オンライン英会話(無料体験あり・小学生対象)

 

もちろん、親視点も大事です

気に入ったスクールがあれば、ぜひ子供を通わせたいもの。

でも、英会話を身につけたいのであれば、継続はとても大事。送迎などをする親目線での選び方も、軽視はできません。

子供の気持ちを一番に尊重しながらも、以下のポイントは必ずチェックしましょう。

・送迎はしやすいか(徒歩や自転車でいけるか。それができない場合、バス停や駅などの近くにあるか)
・レッスンの時間は大丈夫か(幼稚園から帰ってきて、レッスンに間に合うかどうか)
・費用は問題ないか(継続して支払いが可能な額かどうか…一般的なスクールでは月謝は7000円か10000円程度かかります。それに加えて教材費や入会金など、そこそこの額は必要になってきます)

もしも、上のような点で残念ながら近くにいいスクールがなかった場合、オンライン英会話がとてもおすすめです。

自宅で英会話を勉強することができるばかりか、費用面も多少おさえることができるなどメリットがたくさんあります。

講師は、日本人講師がおすすめです。日本語の教育も考慮してカリキュラムなどを組んでいるので、こだわりがなければ日本人でも大丈夫です。

子供に英語をならわせるデメリットは?注意することはあるの?

いいことづくしの子供の英語教育ですが、気をつけなければならないこともあります。

日本語と英語の学習バランスが重要

まだ幼い子供にとって一番大事なのはもちろん、母国語である日本語。英語の勉強でこれがおろそかになってはいけません。バランスが重要になってきます。

バランスを取るには、英語学習の倍くらい日本語で話すことを心がけましょう

家での親子の会話は日本語でしっかりとコミュニケーションを。「今の気持ちを英語で言ってみて」なんて難しい注文は子供がもう少し大きくなってからにしましょう。

文法の理解はまだ早い

幼児の英語教育で大切なのは、英語の仕組みを理解することよりも、英語を使って何か楽しいことをするということです。

せっかく楽しく歌をうたっているお子さんに、今のところの主語は?動詞は?なんて聞いて困らせないようにしましょう。

また、アルファベットを書く練習も、あくまでお子さんが楽しめる範囲でのみ取り入れるようにしましょう。何よりも楽しむこと、それが一番です。

実際に子供に英会話をならわせてどうだった?

筆者の場合、長女が英会話スクールではないのですが、幼児学校のカリキュラムで一歳から英語を学んでいました。

正直、それを見ていた筆者は、あまり意味のないことをしている…と思っていたのですが、ある日手を洗いながら娘が英語で歌をうたっていたのでびっくり!

娘はこの歌をきいて、覚えてしまったばかりか、scrub,handなんて単語も自然に覚えていました。

今でも英語の歌を聞いて、意味がわからなくても音をおうことは自然にできているようです。本当に、子供の英語耳には驚かされます。

また、娘の周りの子を見ても、英語を早期から学んでいる子は、とにかく英語の歌をすらすら歌うのにおどろかされます。

先日は、あの「レリゴー」を最後まで歌う3歳の子に出会い、びっくりしました。あなたは「レリゴー レリゴー」のあとの歌詞。歌えますか?何度も聞いたはずなのになぜか出てきませんよね。

でも英語耳のある子供は、このあとの複雑な歌詞(正解は、can’t hold it back anymoreでした)も自然に覚え、歌ってしまうのです。

三歳からこれだけすらすら英語が出てくれば、将来本当に英語をぺらぺらと話すことだって夢ではありませんね!

継続は力なり!まずは身近なところから始めよう。

早期の英語教育にはメリットがたくさんあることがわかりました。

うちの子に英会話はまだ早い?と思う方も、まずは絵本やCDなどの身近の教材から始めてみてはいかがでしょうか。

お子さんが大きくなるころには、外国人やAIと普通に一緒に仕事をする時代がやってきます。

そのころになって、英語で苦労することがないように、お子さんにはぜひ今から英語に親しませてあげましょう。

お子さんと楽しく英語を勉強し、親子でバイリンガルを目指すなんていうのも素敵です。今は楽しくて魅力的な教材もたくさんありますので、ぜひ、お子さんにぴったりの方法で始めてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です